美と健康の為に運動する Exercise for Beauty and Health

健康 Health

ヨガ

更年期障害の兆候があり、体調不良が続いた事があったにで、ヨガを始めることにしました。

今までやったことがなかったので友人に勧められてインストラクターのもと行い、毎回約1時間のヨガ運動を3ヶ月間週に2〜3回程行ないました。

ヨガの種類もいろいろありますが私はホットヨガの、初心者から中級者向けで、リンパを流す・骨盤改善・美尻・美脚など様々なパターンで行えるコースを選び、全身の体質改善に臨みました。

初日は、食事をしっかり摂り、よく眠れたので1日目で効果があったと感じました。 ヨガや運動を始めてから、代謝アップを目指して水分もしっかり摂る様にしているせいか、顔と身体全体の肌がみずみずしくなったような気もします。

ヨガを3ヶ月続けた後の私の身体は、普段あまり動かさない可動域を拡げる事が出来て、身体がヨガを始める前よりも全体的に柔軟なりました。

インストラクターの人たちに指導していただいたことを思い出しながら今でも全てではありませんが実践しています。 食事も野菜や良質のタンパク質や新鮮な野菜や果物を摂取するよう心がけていたこともあってか、肌質が前より改善し、ゴワゴワ感があった顔の肌も弾力が蘇ってきたのを自分で触って実感出来ました。 ※顔に関しては、皮膚科やエステでいくつか改善見込みの施術を同時期に行っているので、それらのおかげか、又は相乗効果かも知れません。

友人と近所の公園を1時間散歩する

近所の友人数名と一緒に公園を週に1度歩くウォーキング会を設けました。自分1人だと続かない気もしますが、友人に会えて雑談しながら歩く楽しみも増えて一石二鳥です。ウォーキングが終わった後は軽いエンディングストレッチを行いながら、雑談をしたり、時には自動販売機で買ったりした飲料を一緒に飲んでひと息します!これもまた楽しみの1つです😄

運動後自宅に帰ると、心も身体もとてもリフレッシュできた充実感で、シャワーや入浴等の後は心地良く眠れます。 翌日も大抵は歩行が若干軽やかになっています。(😁毎日歩きに行ければいいのですが、それぞれの都合もあるので今のペースで無理なく続けられるのが良いかな?)

体や顔を動かす生活の工夫

私は家にいるときはぐうたらで、食べたら寝ての繰り返しが趣味になっていて、下腹部や全身のたるみも気になっていた為、家事等の作業はなるべく立って出来る用に構造をアレンジして、家の中でも運動量アップを試みています。

更に、家にいるときはあちこちで自分の体型や顔の表情をチェック出来る様に、鏡をあちこちに配置して、たるみや気になる箇所があれば、マッサージしたりストレッチを行うよう心がけてます。

職場でも体を動かす努力

デスクワークが多い時は昼休みには食後に外で軽いウォーキングをして、立ち仕事の時間が多い時は食後に軽いストレッチをするよう心がけています。 首回し、足首回し、上半身捻りなどを座りながらもできる体操を行います。 

美しさ、健康維持と改善の為の運動 まとめ

日々のコンディションにもよりますが、日々適度な運動は最も重要なことだとわかってはいたものの、中高年になるとだんだんサボり癖がついてきた私が、努力した結果、徐々に体が引き締まってきてお腹周りなどの脂肪が減ってきたような気がします。 体重はそれほど変わっていませんが、体の調子は運動をサボっていた時よりもずっと良くなってきています😁

ヨガで日頃動かさない可動域を増やすことを学び、友人とおしゃべりしながらウォーキングを行い、職場や通勤時間でも、できるかぎりのストレッチや運動を実践しています。 これらの行動により、私は原因がはっきりしない不調時からの美容と健康改善・維持ができていると思います。

タイトルとURLをコピーしました