目の下のクマ、たるみ、ふくらみ取り

未分類

目の下のたるみ取りをして、とっても若返ったと自覚している私の体験記をお伝えします。 ふけ顔や疲れ顔で、外出や人に会うのが嫌になるほど悩んでたのがすっきりしました。

目の下のたるみ、ふくらみが、かなり目立っていて、他人からは疲れてる?とよく言われるし、自分の顔を鏡で見ても老け顔で、見るのもつらくなり、美容皮膚科へ相談しに行きました。 私の場合は目の下のふくらみの脂肪が、かなりふっくらした状態で、たるんでいたので、脱脂術がいいとのことでした。  

はじめのカウンセリングでは、費用を抑えたいので2〜3万円位の予算で目の下のクマを何とかとできないか?と相談しましたが、色々な施術を行って、改善させながらケアを続けていく方法もあるけれど、目の下のふくらみ脱脂術は一生に一回で済むとドクターに説明され、さらに通常20万円程する目の下の脱脂術が、キャンペーンで30%割引と言われ、当時外出自粛生活をしていた私は、自宅でダウンタイムのアフターケアをする時間の余裕もあったので、施術することにしました。

施術は、目の下の内側の皮膚に麻酔をしてから、あかんべの様にして露出させ、レーザーで小さなメスを入れて脱脂していく工程です。目の下の脂肪のとり残りがあると、再度施術が必要な場合もあるとのことで、施術スタッフは丁寧に目の下の脂肪を取り去って下さいました。 局部麻酔をかけていましたが途中、目の下の皮膚を引っ張られていた感じの多少の痛みがありました。

施術時間は、麻酔をしてからの待ち時間と両目の下の脂肪とりで1時間くらいです。 麻酔をしても入院せず日帰りなので、施術後の乗り物運転は危険なのでNGと言われ、タクシーで帰宅しました。 案の定、帰りのタクシーに乗ってる時から、自宅に帰っても数時間は頭がボーッとしていましたので、自分で運転しなくて本当に良かったです。 術後の疲れもあり、当日は睡眠時間をたくさんとりました。

術後は1週間程両眼下部が腫れていましたが、徐々に落ち着いて1ヵ月後位にはすっきりしてきました。 *私は術後の外出時は、少しでも周囲の人の視線を反らせる為に、薄い色付き伊達メガネを使用していました。🤓  ダウンタイム中、行きつけの美容院へ行ったら、担当スタッフの方が、私の目の周辺が腫れぼったい顔を見て、何かやったのねと気づいていました。 

術後2ヶ月目頃は腫れがすっかり落ち着いたのですが、元々あった両目のクマの部分の青又は紫っぽい色素が目立つ様になりましたので、血行が良くなる様に、朝晩毎日やさしく自分でマッサージをしました。  術後3ヶ月を過ぎると、目の下の腫れや術後の皮膚の青みは、ほとんどなくなり、両目下にあったふくらみが消えて若返った顔!?が板についたような感じです💖  後に施術したことを知らない親戚に久々に会ったら、何か綺麗になったんじゃない?と褒められたので、手術中の痛みとダウンタイムはあったものの、結果は良かったので、手術した甲斐がありました。

半年が過ぎると、術後の目の下の変色もすっかり消えて、目の下のがすっきりしました。 ちょっぴり長いダウンタイムだったけど、術後他人に会っても、疲れてる?って言われなくなったので良かったです。

タイトルとURLをコピーしました