歯のホワイトニング Whitening Teeth

未分類

コーヒーや紅茶、緑茶、カレー等、日常でよく飲食してるせいなのか、歯が黄色くなってきたのでホワイトニングを受けることにしました。 

歯のホワイトニングは、市販のものを買って自宅で行う方法と、歯科医院や専門の所を介して行う方法があり、薬剤を使用して自宅で数日間にわたって行うホームケア、歯科医院等専門の場所で施術を受けるオフィスホワイトニングがあり、私は歯科医師の指導下で行なっている所でオフィスホワイトニングを行うことにしました。  数年前は歯科医院で、ホームケアを選択し、自分用マウスピースを作成してもらい、そのマウスピースに薬剤を入れて20分から30分待機するという工程を1-2週間程自宅で行いましたが、今回は1日で白くしたかったので、オフィスホワイトニングを試してみることにしました。

オフィスホワイトニングでも、オプションがあり、選んだコースは、2回の光照射で、現状より4〜6段階のホワイトニングが期待できるというものです。 結果は、案内通り4〜6段階白くなっていたので、1日でこんなに白くなったのは良かったと思います。 ただ、白さの持続期間はホームホワイトニングよりも短い(早くて1週間)との事を、後から知ったので、しばらくは持続できると思い込んでいたのでちょっぴり残念でした。私の下調べ不足でした。 今後オフィスホワイトニングをする時は、面接、面談等の大事な人と会う前や、イベント等の前で臨時のホワイトニングとして活用しようと思います。

しかし、薬剤を数十分しみこませるホームホワイトニングと比べて、今回受けたオフィスホワイトニングは、歯や神経への悪影響がほとんんど感じられませんでした。 施術時間は1時間程度ですが、私にとってちょっぴり高価な施術料だという事以外は、寝ているだけで、スタッフがほとんど行ってくれるので、満足な施術でした。(施術中、気持ち良くて眠ってしましました) 費用は2万円程でした。

オフィスホワイトニングを受けて、1ヶ月程経過すると、施術した日から比べるとだんだんと色づいてきたような気がします。(お茶やコーヒーはなるべく歯に付かないように意識して飲んでいましたが、カレーや色が付きやすい食べ物は気にせず食べていました)

以前のホームホワイトニングは長期間白さが維持されていましたが、戻りが早くてちょっぴり残念です。

オフィスホワイトニング と ホームホワイトニングの違い まとめ

※個人の意見です

オフィスホワイトニング

メリット

1日で、ある程度白くできる

スタッフがすべて行ってくれる。(自分で行うのは、うがいだけ)

歯を薬剤に漬け込まないので体への負担が少なかった

デメリット

ホワイトがキープされる期間が短い

費用

2万円程

ホームホワイトニング

メリット

歯の内部まで白くなるので、透き通るような美しいホワイトニングができる。 ホワイトが長期保たれる。

デメリット

検査、撮影、マウスピース作成から引き取りまで、何度か歯科医院等に通うことになる。

時間がかかる、薬剤や体質によっては、知覚過敏になる人もいる。(私は、なりました)

費用

5万円程 (歯のレントゲン撮影、マウスピース作成の為の歯型とり含む)

費用については、施術する場所によって差があります。 私が使った金額よりも、安価又は高価な場所もありますので、詳細はそれぞれの歯科医院やサービスの場所で問い合わせたり、調べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました